芸能人、有名人のコレクションを紹介|プレコレ

アイドルがコレクションしているアイテムについて紹介しています。

お肌の調子が良くないと感じたら質の良い睡眠をとることで簡単に回復できる

      2017/01/29

睡眠と美肌

ビューティー(グリーンバック)

女性ならゴールデンタイムという言葉を耳にしたことがあると思います。
ゴールデンタイムは夜22時~2時の4時間を指しています。
この時間に睡眠をしっかりとることで美肌効果が高まると言われています。
これはただ早寝をしようということではなく、この時間帯に活発に分泌されるホルモンが関係しているのです。
ただなんとなくの知識で夜22時~2時には寝ると美容にいいという考えではなかなか実行できない人も多いのではないでしょうか?
分泌されるホルモンについてしっかり頭に入れておきましょう。

ゴールデンタイムに分泌されるホルモン

thumb_COLOURBOX2472552

入眠後すぐに活発に分泌される「成長ホルモン」
成長ホルモンは筋肉回復のためにたんぱく質の合成促進の働きや、代謝活動の調整、そして肌細胞の修復など、1日溜まった疲れの回復作用を持っています。
まさにこのホルモンの分泌が行われることで、翌日爽快な目覚めが期待でき、肌に与えたダメージを修復してくれるのです。
この成長ホルモンが活発に分泌されるのが1日のうち夜22時~2時の4時間であり、睡眠中にしっかり分泌されるのです。
いつも2時過ぎまで、なかなか睡眠がとれない生活が続くとせっかくの成長ホルモンも体内で分泌することが難ししくなり、溜まった疲れ、受けたダメージは翌日に持ち越し状態になっていると言うわけです。

成長ホルモンをしっかり分泌させることで女性ホルモンが活性化

0ff52b92-s
成長ホルモンをしっかり分泌させるために起床時に太陽の光を浴びることで活性化されるセロトニンというホルモンをしっかり体内で分泌させなければいけません。
セロトニンは睡眠を促すメラトニン生成の働きがあり、朝しっかりセロトニンを体内に分泌させることで質のいい睡眠に繋げることができます。
またセロトニン不足は、交感神経が乱れやすくなり気持ちが安定しなかったりイライラが続き、ストレスを感じやすくなります。
ストレスは肌荒れの原因になり活性酸素を増やすだけでなく、男性ホルモンを活性化させる原因になるのです。
朝の太陽の光でセロトニンを分泌されることで、メラトニン生成が正常に行われることでメラトニンの持つ抗酸化作用効果が期待でき、肌の酸化防止にも繋がるのです。

質のいい睡眠で美肌を作る3つのポイント

早速ゴールデンタイムを狙って無理矢理就寝しようと思っても簡単にはいきません。
また、ただ眠ればいいわけではありません。
質のいい睡眠が大事なのです。

1,朝の太陽の光でその日の睡眠は決まる

朝の日差しと湯西川600
質のいい睡眠とは60分~90分続くノンレム睡眠(深い眠り)と10分~15分続くレム睡眠(浅い眠り)を交互にしっかり行えている睡眠状態のことです。
眠りが浅いとノンレム睡眠状態に入ることも60分~90分続けることもできません。
そこで大事なのが、睡眠を促すメラトニンを体内に分泌させることです。
そのためにもメラトニン生成の役割を持つ、セロトニンをしっかり朝の太陽を浴びることで体内に分泌させましょう。

2,血行促進効果からぐっすり深い眠りを手に入れる

229528_20131206194817-1_576
就寝1.2時間前に体を温めることで、体内の血行が促進され深い眠りに就くことができます。
また足湯でも半身浴でもリラックス効果が期待できるのでより効率よく睡眠につけるのです。

3,脳のお休みスイッチを入れる

6817d562
どんなに体は横になっていてもいつまでもダラダラ携帯電話の光を浴びたり、TVの液晶から光を受けると脳は活動し続けます。
お休みモードは自分で作ることができます。
部屋を暮らすし、携帯電話やTVも辞め、アロマなどリラックス効果の高いアイテムを利用し、脳のお休みスイッチを入れましょう。
そしてある程度決まった時間に就寝できるように習慣化することで、ホルモン分泌が正常になり美肌効果が高まるのです。

それでも解決しない場合は


リフレのぐっすりずむ

サプリメントの補給も良いかもしれません。
上のサプリはセロトニンを補給できるサプリメントです。

 

 - 睡眠について ,