芸能人、有名人のコレクションを紹介|プレコレ

アイドルがコレクションしているアイテムについて紹介しています。

生理前や生理中になぜ眠くなる?
原因と5つの対策方法

      2017/01/29

生理前や生理中に眠くなるのは女性特有の悩みです。上手に付き合いたくても毎回同様の症状を発症する訳ではありませんよね。
ただ、なぜこのような症状が発症するのか?原因を知ることから始めると効率よく対策を取り入れることができます。

生理中眠くなるのもPMSの症状の一つ

shutterstock_130689605

あれ?急に眠気が…と日中襲いかかる睡魔もPMSの症状の一つであり日中の活動に支障をきたします。

PMSとは

Premenstrual Syndromeの略と言われてもさっぱりです。
女性特有の生理前、生理中に強く感じる不快症状の総称で「月経前症候群」です。
なんとなく生理前になるとジワジワ感じる眠気やお腹の痛み、体のほてりやイライラなど全ての症状の総称です。

眠くなるメカニズム

実は生理前後体内の睡眠を促すホルモンの分泌が正常に機能していないのです。
生理前や生理中は女性ホルモンの一つプロゲステロンが活発に分泌されています。
プロゲステロンはブスのホルモンと言われており、ニキビや便秘など美容効果を低下させる症状を発症させます。
生理前にダイエット効果が出ないのもプロゲステロン分泌が関係していますね。
このプロゲステロンは女性ホルモンの血中濃度を上げ、体温を上げる働きがあります。

 

通常、日中と夜の体温には温度差があり、その温度差から睡眠を促すホルモンが働きますが、常に体温の高い状態ではいつが睡眠時間なのか体が把握できなくなっているのです。
そこで夜は睡眠を促す力が弱まりなかなか寝付けず、日中も体温が高くなかなか寝付けなかった体は急に疲れを感じ、睡魔が襲ってくるのです。

日中の眠気解消5つの対策

1 豆乳で女性ホルモンを安定させよう

plain-soymilk

生理前後に乱れる体内の女性ホルモンの分泌量を少しでも安定させることでPMSは軽減できます。
そこでオススメは「豆乳」

豆乳から摂取できる大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きを持っていますので効率よく体外から女性ホルモン効果を実感できるのです。

2 鉄分摂取でホルモン分泌を活性化させよう

d253d84a074891bb37b4d71459f097c6374ff42a

次にオススメしたいのが「鉄分」です。
鉄分はホルモン分泌を活性化させる働きを持ちます。
近年、鉄分不足が問題視されていますが、生理中は特に貧血になりやすくなるので、体外からしっかり鉄分を補いましょう。

鉄分が多い食べ物はレバー、大豆、ひじきや青菜です。

3 夜はリラックス効果を感じよう

0116089

イライラしがちの生理前後は自律神経が乱れています。
下半身を温めることでリラックス効果が実感できます。
また体内の代謝を高める効果もありますので、内臓機能が活発に働きだします。
自律神経を整え、リラックス効果を感じることができれば日中の睡魔解消に必要な夜の質のいい睡眠が促されるのです。

4 軽めの適度な運動を取り入れよう

Stretching before Fitness & Exercise

Stretching before Fitness & Exercise

生理中は体もだるく、なかなか運動を取り入れる気分にはならないかもしれませんが、血行促進効果を高めるためにも軽めのストレッチなど取り入れましょう。

5 漢方を取り入れよう

dd2e89848ef27f4f3733b1667399d570

こちらは最終手段として考えて欲しいのですが、あまりにも症状が辛く生活に支障をきたす場合は漢方を取り入れるのも一つの手です。
対策を取り入れても改善できない…悪化していく一方では生活も困難になります。
できれば病院で処方される漢方薬を取り入れましょう。

 

少しでも症状を軽減させ、上手に付き合えるようになるといいですよね。

 - 睡眠について , , , ,